最低限の介入で最大限の効果 「予防歯科」

予防歯科の本質は、虫歯にならない歯を作ること。口腔内の正常化を習慣づけることが大切です。
当院では、予防歯科を行うにあたり、現状を把握するための検査の徹底、定期的な口腔内清掃、生活習慣の改善アドバイスなどを行います。


現状把握を徹底 検査・診断

口腔内の「今」を知る 現在の歯の状態を「検査」で解明

口腔内の現状を知ることが予防歯科の方針を決定します。
当院では、口腔内の検査やレントゲンで、目で見える状態から見えない状態まで口腔内の状態を
徹底的に解明し、将来長く歯を残せるように、予防と治療を行っていきます。
患者様にわかりやすいように、対話を大切に、モニターなどで説明していきます。

  • カリエスリスク検査1日の飲食回数やフッ素の使用状況、口の中のむし歯菌の数など全8項目をチェックしていき、スコアリングで虫歯のなりやすさを検査し、治療に役立てていきます。

  • 唾液検査唾液には、口の中を清潔にする働きや、虫歯になりやすい環境を防ぐ働き、細菌の増殖を抑制する働きなどがあり、唾液の量や細菌の数などを調べて、虫歯予防を行います。

  • パノラマ・レントゲン現状の歯の状態をレントゲンやカメラで写真を撮り、モニターで説明していきます。今と将来の歯の状態を画像で理解することで、予防歯科の方針が決定します。



予防を形にする 定期検診

予防担当の歯科衛生士が徹底管理 虫歯にならない歯を作る「定期検診」のすすめ

当院では予防歯科担当として、歯科衛生士が専門的な口腔内管理を行います。
虫歯になる前に、定期健診で日常から口腔内の状態をチェックし、
お口の清掃やPMTCという専門的なクリーニング、フッ素コートなどで
長期的に健康な歯を残すようにアプローチします。

  • 予防担当の歯科衛生士。予防ルームで定期健診を行い、日常の口腔管理に努めます。

  • PMTC(プロフェッショナルクリーニング)という専門的な口腔内清掃。普段では取れない歯石などの歯の汚れを落とし、虫歯、歯周病予防に徹します。

  • フッ素で歯をコーティングするフッ素コートで虫歯から歯を守り、再発のリスクを軽減し、疾患を予防します。



予防を習慣化 口腔指導

正常な状態を維持するための習慣 「口腔指導」で歯の健康を高める

現状や今後の歯の状態をドクターからご説明し、予防のために定期的な口腔管理を行った後、
正常な状態を維持していかなければなりません。
当院では、お口の健康を習慣化するために、衛生指導、生活習慣の改善、
歯磨きレクチャーなどを行い、日々の健康を持続させます。

食べ物のバランスを考えた食事指導や、肥満や糖尿病、ストレス、喫煙などが原因となる歯周病の予防を提案し、生活習慣の改善を行います。


食生活改善

生活習慣病予防

咬み合わせ診断

健康な歯を80年間残すために、日々の歯のお手入れが必要です。毎日の歯磨きの磨き方を習得することで、予防の品質が高まり、虫歯、歯周病へのリスクを軽減できます。


プラークコントロール

磨き方改善

予防を習慣化するために、口腔内の衛生状態を維持するサイクルの提案を行います。定期健診や、クリーニング、食事の仕方や回数などをトータルに考え、清潔な状態を維持できるよう、指導を行います。


定期健診のすすめ

クリーニング

予防習慣の定着

ネット予約はこちらから