ネクサス板宿デンタルクリニックは、生涯健康な歯を実現するために、“治療の必要がない習慣”を患者様に提供し、将来自分の歯で生活できるように治療に取り組みます。

予防歯科を実践するためには、定期的なメンテナンスをいかに継続できるかが重要となってきます。メンテナンスを継続していただくことは、患者様を診て、対話をもって、患者様だけの治療計画を実践することかと思います。

ネクサス板宿デンタルクリニック 院長  山﨑 裕隆 神戸市で生まれ育ち、大阪大学歯学部卒業。兵庫県下で研修後、宮本歯科インプラントクリニックにて歯周治療、インプラント治療、審美・矯正治療を習得。また、複数の医院で往診に従事し、健康な歯がもたらすたくさんの恩恵を人々に広めることに邁進。2016年開業に至る。
【所属学会】 日本口腔インプラント学会、日本顎咬合学会、大阪口腔インプラント研究会

予防のメカニズムを「知り」、対話で
「理解」し、予防の「習慣化」を目指す

予防は、まず今の歯の状態を「知り」、患者様に予防の重要性を理解いただき、対話をもって患者様の歯の健康に対しての動機づけを行うことが重要かと思います。そうすることで習慣化でき、日々のメンテナンスが実現でき、予防を徹底することができます。


虫歯にしない治療が予防歯科の本質

予防の本質は、虫歯にしないこと。
当院では、患者様のライフスタイルを考えて治療に臨んでいます。定期的に歯科に行く習慣をつけることで、長期的に健康な歯を残すことができます。将来を見据えて、予防を生活の一部にする取り組みを行っていきます。


患者様との「対話」で最善の治療を提案

インフォームドコンセント、セカンドオピニオンなど、医療情報の提供からカウンセリング、治療説明など以外に、患者様のライフスタイルをヒアリングし、本当に困っていること、したいことなどを生活の背景から考えて、「対話」をもって、患者様とコミュニケーションを築いていくことが最善の治療かと思っています。



歯科衛生士の仕事は、口腔内の管理。日々のメンテナンスで、疾患になる前に、生活指導から口腔ケアを行います。
ドクターと連携を取り、治療計画からインプラントなどの術後のフォローまで、二人三脚で治療に取り組んでいきます。

  • チーム医療で、患者様の予防と治療をサポート 患者様が安心して受診できるように、ドクターのカウンセリング、診断、治療、検査をサポートし、スタッフ一丸となって診療体制を整えています。患者様の健康を守る生活のコンシェルジュとして、クリーニングや口腔内メンテナンスなどのデンタルワークを行っていきます。





歯科助手は、ドクターのサポートからカウンセリングまで、患者様との関係を築く大切な役目。
お口のコーディネーターとして、美しさと健康を患者様とともに築いていきたいと思います。

  • 対話でつなぐ患者様との絆 ドクターのサポートだけでなく患者様との関係をつなぎ、院内でのコミュニケーションや雰囲気のいい医院づくりを行っています。一人ひとりの生涯治療を考えて、患者様との二人三脚で健康を提供していきたいと思います。





受付は、患者様のお見送り、お出迎えをする大切な接点。
患者様の不安を払拭し、治療に安心して臨んでいただけるように笑顔で対応しています。

  • 患者様との接点を大切に 患者様のカルテ管理から接客まで、患者様に受診しやすい空間を心がけています。お子様をもつお母さま、お年寄りの方、女性の方にも気に入っていただけるように接客に取り組んでいます。

院内セミナーを随時実施しております。2016/11/9

当院では患者様に高品質な治療を日々提供するために院内セミナーを随時実施し、スタッフの治療技術の向上を目指しております。


ネット予約はこちらから